カテゴリー別商品

TYPE

BRAND

ブランド一覧を見る

TOPIC

ノースフェイスパープルレーベルの紙袋型のバッグ。

>>> March 07 2020

ノースフェイスパープルレーベルより、紙袋型のバッグをご紹介。

1日予定があるけれど、大きなバッグを持つほどの荷物でもない…なんて時にぴったりのサイズ感。

使い勝手の良さもさることながら、個性のある素材感と形がコーディネートのほどよいアクセントに。

いつものスタイルにちょっぴりと遊び心を加えたいあなたにぴったりです。

ブラックとオリーブの2色展開です。


南條

【ザノースフェイスパープルレーベル/TPE Shopping Bag S】

http://bit.ly/3cGQ0pR

エンダースキーマのコンパクトな財布。

>>> February 18 2020

使い慣れ、生活の一部となっているものを一新してみる。
そんなきっかけが一つあるだけで、滞っていた心がなんとなく軽くなったりします。

コンパクトなサイズ感ながら、長財布顔負けの収納力。
すでにお財布はコンパクト派、という方はもちろん、長財布を使い慣れている方にもおすすめです。


南條

【エンダースキーマ/Bellows Wallet】

http://bit.ly/38E3Bfc

エンダースキーマのピッグスキンバッグ。

>>> February 07 2020

「エンダースキーマといえば」の、しっとり柔らかなピッグスエードを使ったバッグ。

気軽に持ち運べるサイズ感でありながら、意外と容量があるのもポイント。

斜めがけ、前がけ、肩がけ。ぎゅっと絞って巾着のシルエットに。

その日の気分で、ラフに持ち方やシルエットを変えて楽しんでみてください。


南條

【エンダースキーマ/Red Cross Bag Small】

http://bit.ly/384l9RC

L.L Beanの定番トート。

>>> January 25 2020

現在も米国メイン州生産にこだわり24オンスのコットンキャンバスを使用した、タフなトート『Boat And Tote Open Top』。
私は何年も何年も自分の定番バックとして、いろいろなサイズとカラーを揃えています。

ここ数年、好きなのがこの小さめサイズ。
長財布と必要最小限の荷物を詰めて、サッと出かけられる。そんなイメージ。

このトートは、大きさにかかわらず、自立するのがかなり使いやすさのポイントだと思います。子育て世代のママは特に、公園などで鞄を置いて子どもと関わる事も多いので、納得されるハズ!
私も子どもが小さい頃は、大きなトートにバックインバックとして、小さなサイズも忍ばせて小分けにしてました。

L.L Beanから、色んなタイプのトートバックが販売されてますが、ロストマン一押しは、やはりmade in USAのこのシリーズです♪


きむらひとみ

【L.L Bean/Boat And Tote Open Top】

http://bit.ly/312JQLD

あたたかいダウンのマフラー。

>>> January 15 2020

ノースフェイスの、ダウンマフラー。

片端がホール状の作りになっており、そこにもう片端をすっぽりと入れる仕様。
マフラーって意外とうまく巻けなくて、「むむっ」となる事も多いのですが、
こちらはそんな煩わしさもなく、見栄えにもちょうどよいボリュームのダウンが
ふんわりと首元を温めてくれます。

個人的にはあえてウールのロングコートなんか合わせ、
コントラストを効かせた着こなしを楽しみたいです。


南條

【THE NORTH FACE/Nuptse Muffler】

http://bit.ly/2Ts3s9Y

ボアがかわいいフリースジャケット。

>>> January 09 2020

2019FWシーズに新しくリリースされたパタゴニアのGirls Retro-X Bomber Jacket。

裏にナイロンを施し、防風性も備えた一枚です。

キッズラインからリリースされていますが、XLサイズで大人の女性のMサイズ位のサイズ感となっております。


サカ

【パタゴニア/Girl's Retro-X Bomber Jacket】

http://bit.ly/2NcABCO

お正月には、お雑煮。

>>> January 04 2020

あけましておめでとうございます。

2020年も早4日が過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか?

写真はもっぱら健康ブームの祖母が振舞ってくれた、白味噌のお雑煮。
立派な頭芋(京都では、里芋の親芋を「頭芋(かしらいも)」と呼び、縁起物としてお正月にいただきます)がひとつと、おもちの代わりにお豆腐が入っていました。

どうでもいいつぶやきでしたが…。

どうぞ本年もLOFTMAN EQをよろしくお願いいたします。

皆様と素敵なモノとの最高な出会いをご提供できるよう、精一杯努めてまいります。


南條